ある現場で機械のエラーが発生。
スタッフが光っていた警告灯を無視したまま帰り、
現場が48時間稼動不能になるというアホみたいな事案が発生した。

丸二日の売上損失はハンパないものなので現場の人はめちゃめちゃ怒られていて、
当然始末書という事になったようだった。

とは言えまあ設備も古くて、警告灯も
ペカ~…… と光るだけの不親切仕様なのは否めない。
ということで、俺様に白羽の矢が立ったのだった。

上司いわく、
①機械の仕様変更をしてエラー状態に陥らないようにしてほしい
これについては業者と相談した結果、どんだけ安くても200万くらいかかるのでやめた。
減価償却したら大したことないけど、現場がちょっとかわいそう。

②エラーが出た際、責任者に自動的に連絡が行くようにしてほしい
業者と相談した結果、維持費がハンパないという結果に……

いやちょっと待てよ???

もちろん、エラーがネット越しに飛ぶ際のことを考えて
銀行のバックアップみたいに無敵の監視体制を作れって言うなら、
そらーAWSのRDSのMulti-AZ配置みたいな、「どんだけ停電とか起こっても絶対に知らせる」
システムの構築をして、原価月6万→業者がボって15万くらいかかるかもだけど。
そもそもMulti-AZ配置みたいな、強固なバックアップが本当に必要かい???


そこで俺様は答えた。
・エラーが出た際、責任者に自動的に連絡が行くようにしてほしい
→いいでしょう。予算2万円、維持費0円で自動的にいくようにします。

まぁ話は簡単で、
エラー信号をマイコンで捉えて現場のwifiスポットまで飛ばせばいいんだよね。
ほんで、wifiとマイコンはUPSかなんかにつないどくと。


で、wifi通信に特化したマイコンと言えば……
最近はラズパイがアツいらしいんだけど、ラズパイはOSが仰々しく起動する時点で
永続性に信頼性がおけない。つぅことで、無難に

ArduinoUnoとESP-WROOM-02基盤を使うことにしました。


要は、
操作盤のエラー表示灯(30Vくらい印加される)が光っちゃう

印加状態を電圧センサーで感知
ArduinoUnoのアナログ5vにセンサー信号をつっこむ
5V入ったらESP-WROOM-02に通信で教える
ESP-WROOM-02はArdinoからの信号を捉えた瞬間、
メールを飛ばす

こんな感じにしようと思います。
なんでわざわざ表示灯の電圧読み取るのかいうたら、
機械自体が床下のめちゃめちゃ奥まったとこにあって、
信号線引っ張ってくるのがめちゃ大変なんだよね……。
ということで電球が切れてたら死ぬシステムですが、
まぁ半年に1回位メンテすれば問題ないだろ(適当


で、さっき秋月で基盤一式買ったら6千円くらいだった。
Arduino初いじりだから、実験動画でも撮ろうかしら???




[PR]
「なにもしてない」とか嘘ばっかついてるやつが多いから
俺様が男の連休を指南してやる。

5月3日
眠りすぎて記憶がない

5月4日
12:00 起床
12:00~03:00 ゲーム
04:00 オナニー
05:00寝る

5月5日
17:00 起床
17:00~22:00 AWSの仕様を読みながらゲーム
22:00~03:00 本格的にゲーム
03:00~05:00
トム・ハンクスのターミナルを見てヒロインに苦言を呈する
06:00 グレッグ・イーガンの順列都市(下)を読む
07:00 寝る

5月6日
17:00 起床
17:00~19:00 awsにPHPをインストールする
19:00~20:00 思い切ってラーメン屋に行く
21:00~03:00 ゲームしながらタイのクズと東京のピアニストと談笑
03:00 オナニー
04:00~05:00 渡辺謙のインセプションの続きを突然観る


明日の仕事をどうサボろうか考えてますえぇ。









[PR]
# by siroirukamania | 2018-05-07 05:28 | Comments(0)