ロックバンドの最適解 BABY METAL


しばらくベビメタを見てきて最近客観的にも見れるようになったんだけど。
ロックバンドの最適解、というのがしっくりくると思いました。ベビメタ。

結局フロントマンがいてなんぼのバンドっていう組織なんだけど、
フロントを立てるためのおかずが必要で、
ベビメタの双子っぽい両翼はこれ以上ない演出だと思う。
でまぁ、演奏は高度に越したことないけど、

ショーの顔とはきっちり切り分ける必要もある。
なんでかっていうと見る人の8割は演奏のことなんかわからんのだけど、
2割の人は演奏にこだわりがあるわけで、
このバランスをどう立てるかっていう作戦が必要てことよね。

それでフロントマンを立てることに成功するバンドは、
ベビメタだけじゃなくて他にも星の数ほどいるわけだけど、
ベビメタががそいつらと差別化され得る原因ってのは、
やっぱりフロントマンの個性そのものだと思う。

つまりスーメタルがポンコツだから保てる良バランスなんだよねきっと。
すーちゃんがいつまでもポンコツキャラだから成り立ってる。

これがさ、すーちゃんがELTのボーカルみたいな、
ちょっと勘違いしちゃった意識高い系になってみ?
唐突にバランスが崩れて、まずフロント3人が成り立たなくなるから。
見ててかっこ悪くなると思う。

そう想像してみると、SU-METALのポンコツなとこって重要なんだと認識できる。
いつまでも お客さんありがとー>< としか言えない
無邪気なポンコツでいられることが、ロックバンドの最適な解じゃないかなぁ、と。
それを保って尚連日ステージにて立てるのは、
やっぱり周りのみんなというかバンドがあるからなんだけどね。

ポンコツ万歳。
[PR]
by siroirukamania | 2017-02-09 02:46 | どうでもいいコト | Comments(0)